黒や茶色!シンプルカラーの印象!

どのような時と場所で使うのか

今や視力矯正だけではなくお洒落アイテムとしても用いられているメガネですが、フレームの種類や素材は多種多様でどれを選んだらいいのか迷ってしまうという人は少なくありません。しかしその中でも定番ともいえる黒色や茶色のシンプルカラーのフレームは、カジュアルな服装でもフォーマルな場所にも違和感なく使えるので一本は持っていたいアイテムです。

時や場所を選ばず使用出来る黒色や茶色いシンプルカラーのフレームのメガネですが、その中でも黒いフレームは派手さがなく誰にでも適応する最強カラーともいえます。また信頼感や真面目な印象を与えることが多くビジネスの場など、相手から好印象を得たいときには適しています。また黒色は服のように引き締める視覚効果もあるため、小顔に見せたい人には更に太めのフレームが適しているのです。

色の濃淡により印象も異なる

メガネのフレームを選ぶ上で黒色を持っていると様々な場面で使えることから、持っていると安心感を得られやすい色です。また黒色と同様にシンプルカラーである茶色は、自然に多く見られる色であることからアースカラーとも呼ばれ周囲に穏やかな印象を与えます。色の濃淡により異なりますが茶色は温暖色であることから、安定感や重量感の両方を兼ね備えていて空間に馴染みやすいという特徴があるのです。

どの色のフレームにしようか迷ってしまう場合、髪の色がヒントになり例えば茶色やそれに近い色である人は茶色いフレームがマッチしやすく、全体的に自然な印象を与えます。濃い茶色は黒色と同様にビジネスなどに用いても違和感はなく、また明るい茶色はポップさやお洒落という印象が強いです。

眼鏡はマスクと一緒に着用した場合はレンズが曇ることがありますが、それを防ぐためにレンズに吹きかける専用スプレーが存在します。